歯周病専門医による歯周病治療・インプラント治療

辻堂駅最寄りの歯医者 歯科おおやぎ

歯科おおやぎ

咬合治療
Occlusion

咬合治療

咬合治療

咬合とは、かみ合わせの事を言います。
そのかみ合わせの不具合から、様々な症状がでることを咬合病といい、治す事を咬合治療と一般的に呼ばれています。
かみ合わせが崩れてくると身体が傾き腰痛や肩こりが強く出てくる方がいる一方、かみ合わせが崩れても身体への影響が全くない方もいます。
前者は、かみ合わせを治すと身体の傾きが治りますが、後者は治らなかったりします。
かみ合わせが崩れる原因ですが、歯が無くなる事、歯並び、歯の修復等の歯と歯の接触によるもの、外から顎に加わる力によるもの(横向き寝やうつぶせ寝、頬杖など)、先天的な問題(側弯症、アデノイド肥大等)この3つが考えております。
その中で何が原因になっているかをしっかりと把握する事が大切です。
かみ合わせが崩れて顎が痛くなる、顎が鳴るとうの症状がでてきた場合には、治療が非常に難しくなります。まずそうならないようにする事が大切である事、すべてを治す事が難しい面がある事、患者さんの協力が必ず必要なります。

噛み合わせ

噛み合わせ

噛み合わせについては、世界中で様々な研究がされていますが、確固とした噛み合わせについては未だにわかっておりません。何故かと言うと、歯は固いものなのに対して、顎を動かす筋肉は柔らかく柔軟であること、顎を支える関節が吸収しやすい繊維性の軟骨で出来ているためだと考えております。
ただ、実際の臨床では噛み合わせを変えることによって、様々な不定愁訴が無くなる方がいるのも事実です。
また、身体の許容範囲を超えることによって頭痛や肩こりと言った不定愁訴となっている可能性があり、それを本来生体が持っていたと仮定される噛み合わせに近づけることによって症状が緩和されると思われます。
噛み合わせは様々な癖によって変わります。
例としては、頬杖や横向き寝を長い時間行うと顎の関節が吸収し、それによって噛み合わせの位置が変わります。

咬合治療の症例

咬合治療の症例

① 初診時
上顎に欠損が進行し、顎CTならびにMRIから関節が重度に吸収している状態で、顎関節症4型と診断したました。奥歯が喪失したことや様々な癖が顎の関節の吸収を助長したと考え、咬合を再構成することとしました

咬合治療の症例

② 治療前のレントゲン写真
ここ5年くらいは歯周病で歯をどんどん無くし、顎が開かなくなりました。タバコを吸っていたこともありますが、外傷性の力がかかり歯周病を進行させたのだと思われます

咬合治療の症例

③ 噛み合わせの治療に約6年ほどかかりましたが、曲がっていた首がまっすぐになってきているのがわかります。治療後、約3年ほど経ちますが、顎の症状は全くでなくまりました

咬合治療の症例

④ インプラントは埋入から8年ほど経過しておりますが、全く問題なく機能しております。また、治療を開始して9年経過しましたが、治療の上で抜歯が必要となった右下6番と左上5番、右上5番以外はしっかりと機能しております

歯周病専門医として考える咬合治療

歯周病の進行とかみ合わせ(歯周組織にかかる力)はあまり関係ないと文献上いわれています。歯周病においって最も問題となるのは、骨が無くなる事であり、そのため進行すると歯が揺れて抜け落ちてしまいます。
・骨に力がかかれば骨折をします
・骨折したらギブスをして安静にします
・捻挫をしても包帯巻いて安静にします
その力を抜いてあげる事が歯周治療では大切であると考えております。

下の症例は、左下7番目の歯の歯石取りおよびブラッシング指導に加えて、かみ合わせの調整を行った事によって、レントゲン上での骨の回復を認めております。
この患者さんの場合、左下の奥歯に横に揺さぶる力がかかっていたため、その力によって歯周病の進行がより強く出たと考えられます。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療